2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.02.08 (Fri)

天国はまだ遠く

天国はまだ遠く (新潮文庫)天国はまだ遠く (新潮文庫)
(2006/10)
瀬尾 まいこ

商品詳細を見る


たまたま本屋さんの新潮文庫コーナーのそばを通ったら、これが平積みされているのを見かけまして。
この作品が、加藤ローサ×徳井義実(チュートリアル)主演で映画化され、秋に公開されると知っていたので、買って読んでみました。

生保会社勤務のOLが仕事と職場の人間関係に疲れ果てた末、自殺を決意し、日本海側の山奥の民宿に出かけていくというお話です。
けっこう有名な作品ですのでネタバレもOKかなと思うので書きますが、結局自殺は未遂に終わり、その後も民宿での生活をしばらく続けていくうちに、民宿の主人や村の住民、山々の風景に癒されながら、頼りないながらも生きる希望を見つけて再起するというストーリーです。
映画化に関する情報を知っていなければ、それに囚われずに色々想像の羽を広げられた気もしますが、OL=加藤ローサ、民宿の主人=徳井さんという図式が完全に頭を支配してしまっていたので、映画を観るにあたっての予習みたいなカンジになってしまい、読了。
描かれる日本海側の空や海や山は、決してきらびやかなものではないけれど、素朴な風景や人々のぬくもりに触れたからこそ、もう一度頑張ってみようと思えた・・・ということなのでしょうねぇ。

実際、こういう女性が職場にいたらどうだろ?
きっと、「親切にするべきだろう」という理由で、話しかけ悩みを聞きつつも結局、「最後は自分次第でしょ」とか言ってしまいそう。
そして、もっと自分のダークサイドが隠しきれない場合は、ひたすら近づかないことに努力しつつ、心の中でイラッときてると思います(笑)

あー、コワ。自分。


↓ひたすらクリックしていただきたい♪
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  00:07  |  読書日記  |  TB(1)  |  CM(3)  |  Top↑

*Comment

あっ、私もまだ読んでいないや・・・。
だけどこういう系の話は実は苦手。笑。
疲れて→逃げて→立ち直る
そういう人って「私」に陶酔するのかなぁ~
ごっ、ごめんなさい・・・。私って血も涙もなかったりして。笑。
kei |  2008.02.09(土) 15:41 |  URL |  【コメント編集】

v-87keiさん

わははv-411
keiさんらしいご意見だと思います。
と言いつつ、私の中にも彼女に共感する部分はありませんでしたよv-389
Wammy |  2008.02.22(金) 08:42 |  URL |  【コメント編集】

■No title

こんにちは。
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
藍色 |  2009.08.31(月) 17:12 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

天国はまだ遠く 瀬尾まいこ

誰も私を知らない場所へ。そして、そこで終わりにする。 はずだったけど、たどり着いた山奥の民宿で、自分の中の何かが変わった。 仕事や...
2009/08/31(月) 17:07:21 | 粋な提案
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。