2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.01.25 (Fri)

ブラックペアン1988

ブラックペアン1988ブラックペアン1988
(2007/09/21)
海堂 尊

商品詳細を見る


海堂作品に目がないワタクシ。
いつも単行本になるまで待てません。本作も、書店で見かけるたびにぐっと堪えておりましたが、ついに降参です。ガマンできませんでした。買っちゃいました。読んじゃいました。

一連の東城大学医学部を舞台とする作品から見ると、スターウォーズでいうエピソード1的な位置づけになるんじゃないかと思います。
だって、速水・島津・田口トリオがまだ学生ですし。バチスタシリーズの高階病院長だって、まだ講師だし。ナース陣の若かりし頃についても描かれております。
単体でも面白い!という読者レビューをちらほら見かけたのですが、それはどうかな?
「チーム・バチスタの栄光」「ナイチンゲールの沈黙」「ジェネラル・ルージュの凱旋」そして「螺鈿迷宮」を全部読み終えてから、本作を読まないと、楽しみの幅が狭まっちゃうなと思います。

まぁ、そんなことはさておき。
医療技術については何にも分からないのでどれほど現実に近いリアルな描写がされているのかは判断できませんが、とても楽しんで読めました。一気読みです。
ブラックペアンがなぜブラックでなければならないか。
その理由をラストで知ったとき、ちょっとした衝撃を受けました。
読後感はおかげでGOOD

毎度、なんの参考にもならない読書日記・・・(笑)

それにしても素人の私には、用語で困る部分も少々。
ペアン? あれ?コッヘルとは違うん?とか・・・。
外科ではコッヘルは登場しないのか??
医療に関連する映画とかドラマとか小説をいくら読んでも、基礎知識って身に付かないっすねぇ(当たり前か)。
大昔、手術室ナースをしていた実母に電話して質問しようかとも思ったけど、そうこうしているうちに読み終えちゃったから、まぁ、いっか


↓毎度、なんのお礼もできませんが、クリックをぜひ・・・♪
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  00:12  |  読書日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。