2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.10.24 (Wed)

迷宮遡行

迷宮遡行 (新潮文庫)迷宮遡行 (新潮文庫)
(2000/10)
貫井 徳郎

商品詳細を見る


久々の貫井作品。と言っても、数冊しか読んだことないけど。

なんだろう。今まで読んだ彼の小説とはちょっと印象が違ったな。
主人公の内面描写はさすがに細やかでいいなぁと思いつつ、イマイチ没頭できない自分が・・・。結局、主人公のキャラクターに共感できないんだろうなぁ。
典型的な「ダメ男」が主人公だと、きまって感情移入ができない・・・。
小説の世界に浸ることを、ダメ男に対する怒りがジャマするんです、おそらく(笑)。
「しっかりしろよ!」と背中を叩きたくなること数十回。ひと言余計なんだよ的な性格も受け入れられない(笑)。
ストーリー展開もスピード感があり、ドンデン返しもあり、ハマる人はハマると思う。
それにしても、クライマックスについては、残念。
いや、分かるよ。あなたたちの気持ちは・・・、でもそうくる?というカンジ。って何言ってるか分かんないっすよねぇ・・・トホホ。

公私ともどもバタバタしている中、唯一「自分の時間かも。」と思える通勤の往復で読んだのに、ステキな読後感が得られなかったのは、残念でした。

でも、この方の描く「どこか陰のある苦悩する男」は好きなので(笑)、懲りずに他やこれからの作品には引き続き期待を寄せておきます(ってなんで上から目線?(^m^))。


↓あなたのクリックにも、大いに期待♪
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ ジャンル : 小説・文学

EDIT  |  05:28  |  読書日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。