2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.05.04 (Fri)

ジェネラル・ルージュの凱旋

ジェネラル・ルージュの凱旋 ジェネラル・ルージュの凱旋
海堂 尊 (2007/04/07)
宝島社
この商品の詳細を見る

いやぁ、面白かったぁ。一気に読んじゃいました。
やっぱり、この方の小説は、東城大学付属病院を舞台としたスキャンダルをストーリーの中心に据えて、関わる人たちの様々な駆け引きを描いていくところが最高に面白い!
本作は、シリーズの主人公である田口の同期であり友人である速水の魅力が最大のポイントではないかと思います。彼にまつわる伝説が紐解かれたとき、思わず「かっこいいー」と声に出しておりました(笑)
救命救急センター長になるべくしてなった人だし、こうも鮮やかに修羅場を潜り抜けられると、伝説を語り継がないわけには参りません。
それに、彼を長として恐るべき統率力を誇っているセンターが描かれるにつれ、彼がジェネラル(=将軍)と称されるのも大納得なのです。
タイトルの「ジェネラル・ルージュ」とは血まみれ将軍という意味なのか、それとも・・・。

読んでのお楽しみでございます。

本作をより楽しむためには、やはりデビュー作から前作までの3作品を読み終えた後、お読みになることを強くオススメいたします


↓クリックしていただくことも、オススメです♪
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ ジャンル : 小説・文学

EDIT  |  15:57  |  読書日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。