2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.11.24 (Fri)

感染

感染 感染
仙川 環 (2005/08/05)
小学館

この商品の詳細を見る

書店でたまたま見かけ、入手しました。
作者についても知りませんでした。医療ミステリーという説明文に少し惹かれ、読んでみました。
読みやすいんです。展開に心を奪われている瞬間も自覚しました。
でも、その読みやすさというのが、専門的な表現を避けているということなのかな。いまいちリアリティがない気がするというか。
小児臓器移植が話の中心にあるんです。話に出てくる子供の一人に、拡張性心筋症の子がいたんですが、助かる手段としては移植しかないから・・・という展開となっています。医者じゃないんで無責任に言いますが、拡張性心筋症ならバチスタ手術って手段もあるんじゃない?とか思っちゃうんです。そりゃあ、まだまだ日本じゃ主流じゃないし対応できる病院も医者も少ないと聞きますけど。莫大な費用や適当なドナーが必要な海外での移植を検討するより、まずはそっちじゃないかと。子供だから、術野が小さくてすごく難しい手術なんでしょうけど・・・。

と、ブツブツ独り言を言ってみました。
個人的には、星2.5かな?^_^;


これまで読んだ中で面白かった医療ミステリーは過去記事でも触れたんですが、これ。↓ かなり、オススメです
チーム・バチスタの栄光 チーム・バチスタの栄光
海堂 尊 (2006/01)
宝島社

この商品の詳細を見る


↓ランキングに参加してます。ご協力をお願いいたしますm(..)m
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ ジャンル : 小説・文学

EDIT  |  12:49  |  読書日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。