2007年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.06.29 (Fri)

沖縄に

20070629153346
そして、ホテルに着いたどぉー!
スポンサーサイト
EDIT  |  15:33  |  子育てつれづれ  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2007.06.22 (Fri)

ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する―絶対に失敗しないビジネス経営哲学

ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する―絶対に失敗しないビジネス経営哲学 ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する―絶対に失敗しないビジネス経営哲学
島田 紳助 (2007/05)
幻冬舎
この商品の詳細を見る


タイトル、長っっ!
と言いつつ、そのタイトルに惹かれて読んだワタクシですが。
作者はご存知、島田紳助。この人は、本当に多才なんですねぇ。個人的にも好きな芸人さんです。

その彼が、芸能活動意外に手広くビジネスをしているのは、有名なハナシ。
なんでも、事業で失敗をしたことがないらしい。

本書は、その成功体験にもとづく、ビジネスで成功するコツを書き綴ったものです。本格的なビジネス書を求めている人には物足りないかもしれませんね。極めて軽いタッチでツラツラと書かれている薄い本です。

彼曰く、「顧客満足度」ではなくまず「従業員満足度」を優先させることが、経営上うまくいく秘訣なんだそうです。お客さんが満足していても働いている従業員が満足していないのでは意味がないし、長続きもしない、と。
楽しく働いている人々から出てくるアイデアには素晴らしいものが多いし、お客さんも喜んでくれる。みんながハッピーになれる、と。極端に言えば、そういう主旨なのかな。

これ以外にもいろんなことが書いてありましたが、私の中で一番印象深かったのは、↑の部分でした。

いろんなタレントショップが出現しては消えていくなかで、彼のお店は何年も繁盛している、というのはこういうところに秘密があるのでしょうか。

堅苦しい表現などいっさいありませんから、ご興味のある方は読んでみてはいかが?


↓クリックしてみてはいかが?

テーマ : 読んだ本。 ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  00:04  |  読書日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.06.21 (Thu)

押し売りですから。

最近、Wakoは連日保育園から帰宅すると、満面の笑みで、

「お手伝いする~

と言って、夕飯の準備支援に名乗り出てまいります。

これって、平日の夜、ニコニコしながら言われると、けっこうメンドーなんですよね。母親からしてみれば。

だって、1分1秒でも早く準備して食べて片付けたいじゃないですか?!
って、私だけ??

手伝ってもらっちゃったりしたら、2倍の時間はかかっちゃうわけで。
メニューによっては、手伝わせる工程があんまりなかったりとかするし。

そもそも、彼女が手伝いたい動機は不純なのです。
彼女のお財布の中身が、いつまでたっても45円だから。
いっぱいお金を貯めて、欲しいものを買いたいのだそうです。といっても、何が欲しいのだと尋ねると、毎回違うものを挙げてくるわけですが。
お手伝いという労働をした対価としてお金をもらおうという魂胆であるわけですが、こちらとしてもなんでもかんでもお金をあげるわけにはいかないわけで。

今日はこの内容でお手伝いさせてみるかと「私が」思った場合に声をかけ、最後までやり遂げた時に、5円玉なり10円玉なりを与えています。
なので、そんな状況じゃない場合に「手伝いさせろ」と言ってキッチンにやってきて、やりたいことだけやって、TVが気になったら(とか飽きたらとか)プイッといなくなってしまう人にはビタ一文渡しません。

ということで、さっぱりお金を貯められないWakoなのでした。

昨夜はあんまりウルサイので、おみそ汁の具でも刻ませてみるかと思い、許可してみました。ところが、彼女に刻めそうな具を思いつかず・・・。
結局、巨大なちくわが混入した「ちくわ汁」が出来上がってしまいました(笑)
でも、包丁もまな板も置きっぱなし。お鍋の中身をグルグル不必要にかき回した挙句、突然キッチンからいなくなってしまったので、またしてもタダ働きになってしまったのでした^_^;

まったく、人騒がせな人です・・・。


↓私もクリック、いっぱい貯めたいな~♪

テーマ : 育児日記 ジャンル : 育児

EDIT  |  08:10  |  子育てつれづれ  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

2007.06.20 (Wed)

疾走

疾走 上 疾走 上
重松 清 (2005/05/25)
角川書店
この商品の詳細を見る
疾走 下 疾走 下
重松 清 (2005/05/25)
角川書店
この商品の詳細を見る


表紙の絵がちょっとグロいので、画像は小さめに^_^;
この方の作品を読むのは、本作が初めてでした(たぶん)。

なんというか、最初から最後までひたすら胸が苦しかったです。
ある少年が家庭環境の悪化(というか家庭崩壊)をきっかけに、どんどん精神的に追い込まれ、マイナス方面に疾走してしまうというカンジ。タイトルの「疾走」にはいろんな意味がこめられているのでしょう、きっと。少年の唯一の楽しみが走ることだったこともあるけれど、きっと別の意味も含んでいるのではないかと感じました。
ストーリーは、いろんな場所で紹介されているでしょうから触れませんが、なんだか最後の最後まで、彼は救われなかったんじゃないかと思います。クライマックスの描写から、「最後の最後で彼は救われた」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、私にはそうは思えませんでした。

よく「逆境に負けるな」とか「置かれている環境のせいにするな」という表現で、ヘコんでいる人を励ます人がいますよね。私もそういうときあったかもしれませんが。

でもね、それも限度ってものがあるんだと思います。少々のハンデならともかく、この作品の中で描かれる彼の置かれている状況って、ハンパないんです。ツイてないなんて軽い言葉では片付けられませんね。平凡な家庭に育った私から見れば、ありえないというか想像すらできないというか。ひょっとしたら、よく似た状況が「現実」としてこの世の中に存在するのかもしれませんが。
あまりに過酷な状況だと、乗り越える気力なんてものは微塵も湧かないのではないかと。励ましの言葉なんてモノは、右から左へ、もしくは頭上を通り過ぎていくだけなのかも知れませんね。

なんだか、何が言いたいのか自分でもよく分かりませんが。

私にとっては、内容がディープすぎて、うなされそうな気分にさせられた、マイナス方面に印象深い作品でございました。


↓気を取り直したいので、軽~くクリックいただけませんか?

テーマ : ミステリ ジャンル : 小説・文学

EDIT  |  23:53  |  読書日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.06.18 (Mon)

期待しすぎ?

週末って、どうしてこんなに早く過ぎ去ってしまうのかしら。

土曜日は、会社のマシンルームでとある工事をするため、一応立ち会おうと出勤いたしました。「後はよろしくおねがいしま~す。」と言い残して、仕事でも片付けよっかなぁと思っていたのに、作業してくださる方の中に要注意人物がいたため、ずーっと「監視」しておりました。要注意っていうのは、ケーブルを踏みつけたり、サーバに体重かけちゃったりする、あまりに大らかな人がいたためでして・・・(>.<)

まったく想定外だわよ。

とはいえ、予定終了時刻の16:00頃にはちゃんと終わったので、良しとせねばならないのかも。

で、16:00ちょっと前に、ダンナから写メール。
写真に、会社のビル付近で微笑むWakoが写っている!!!

ストーカーか!

車で迎えに来ているとのこと。っつーか、予定通り工事が終わらなかったら、どうするつもりだったのか・・・^_^;

じゃあドライブでもと、夕方の都内をウロチョロし始めまして。
お台場のフジテレビ付近をウロウロ。
お腹が空いたからと、ららぽーと豊洲へ行ってみたり。

でね、ららぽーとなんですけども。
南船橋御用達のワタクシたちにしてみれば、ずいぶんこじんまりとした印象。
とはいえ、南船橋に入っていないお店も多いので、それなりに楽しんだのですが・・・。

夕食をとろうと入ってみたレストランが・・・・ガッカリだよ。

ひっさしぶりに食べたよ、あんなマズイ口に合わない料理は
ダンナと私が食べた大人向けの料理は、すーんごく塩辛い。
Wakoが食べたお子様ランチは、まるで味がない。
メニューも少なくて選択肢がほとんどないし、出てくるのも遅いし、だいたいフロアに店員がいないし。そんなこんなでこの値段かよ!と思うと、アタマにきましたよ、ホント。

内装がかわいらしくて子供が楽しめるかも、と期待した私がバカですか?!

あえて名前は出しませんけどねぇ・・・。赤い座席シート、お子様ランチの場合、店員が歌いながら運んでくる、これがヒント。あっ、ほとんど特定できるかも(笑)

いろんな意味で、かなり印象深いお店でした、ハイ。

気を取り直そう、とか言って、ダンナがレインボーブリッジ経由で夜景を見つつ帰ろうと提案。
久しぶりに見た、都心の夜景はとーってもキレイでした
夜景もキラキラ
Wakoと私の目もキラキラ

ということで、あっという間の週末でした。
EDIT  |  22:21  |  お出かけ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.06.15 (Fri)

梅雨に入ったとか。

大変ご無沙汰しております。気がつけば、6月に入って初めての更新でございます

別に、体調を崩していたとかではないんですよ。とは言っても、1日だけ胃痛に耐えられなくて会社を休んだ日もありましたが

更新をサボっていた間も、平平凡凡と暮らしておりました。
今までブログを更新していた時間帯に、取り憑かれたようにお笑い系のDVDや録画した番組を見ていたのが、これまでとの違いでしょうか(笑)

この半月ほどの出来事、何があったかなぁ。
こうやってすぐに忘れちゃうからブログ書いてんのに、サボっちゃ意味がないですねぇ・・・ハハハ

Wakoの大の仲良しのAちゃんが我が家に遊びに来てくれたというのに、Beenaをめぐってケンカしちゃったりとか。

保育参観に出向いて、普段の園生活を垣間見たかったのに、Wakoは母を意識しすぎて、全然普段どおりじゃなかったとか(笑)

日曜の昼下がり、特別用事があったわけじゃないけど「沖縄、もうすぐだねぇ♪」と実母から嬉しそうに電話があったり。

何の気なしに買って読んでみた小説が、これまで読んだ本の中でも五指に入るほどディープな内容で、毎日電車の中で吐きそうだったとか(笑)
これについては、読書日記として記事にしておかないと。読んだことを忘れて、もう一度手に取ることがないように・・・。

まぁ、こんなカンジであっという間に時は過ぎ、気付けば梅雨ですよ、皆さん。関東地方は昨日入梅しましたが、全国的にはどうなのかなぁ? 最近、バラエティ番組ばっかり見ていて、ニュースや新聞を読んでないので、ヤバめなワタクシです・・・。

でも、現実逃避には、腹を抱えて笑うのが一番
それにしても、チュートリアル。面白すぎ。
どなたか、チュートリアル好きはいませんか?
渋谷のよしもと∞ホールへ観覧に付き合ってくださる方、大募集です。
あっ、抽選にハズレてばっかなんで、当たったらのハナシなんですけどね(笑)

これからも、まったり気分で更新していきます。
そして、皆さんのところへもウロチョロと出現したいと思います♪

アデュ~


↓クリックも大募集~♪

テーマ : ひとりごとのようなもの ジャンル : 日記

タグ : チュートリアル

EDIT  |  05:56  |  ひとりごと  |  TB(0)  |  CM(5)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。