2007年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.05.31 (Thu)

行きずりの街。

行きずりの街 行きずりの街
志水 辰夫 (1994/01)
新潮社
この商品の詳細を見る


先週、読み終えました。
この方のことは、まったく知りませんでした。この作品が10年前の「このミス」No.1の作品で、最近になって急に売れ出しているということを小耳にはさみまして・・・。読んでみました。

うーん、イマイチ。
主人公は、その昔教え子と恋に落ちてしまい、その教え子が卒業と同時に結婚したものの、とある事件によって結婚が破綻して・・・と、結局その事件の真相を、現在抱えているもう1つの問題の解決と合わせて知っていくというストーリー。

最後の最後まで、引き込まれることなく。
読後、「ふ~ん。」と。

冒険小説らしいですが、そ、そーですか??

個人的には、残念な感想ばかりなのでした・・・。


↓個人的にはクリックいただけないと、残念だったりして(^_^;)
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ ジャンル : 小説・文学

EDIT  |  23:14  |  読書日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.05.31 (Thu)

深追い

深追い 深追い
横山 秀夫 (2007/04)
新潮社
この商品の詳細を見る


何週間か前に読み終えました。
以前、単行本が書店に並んでいたのを覚えてまして。
文庫化されたのを機に読んでみました。

全部で7つの短編があります。
いずれも、三ッ鐘署という警察署の署員が主人公です。
仕事上の出世競争に悩んだり、恋愛問題に悩んだり。
署の裏手に官舎があるという、もの凄く狭いコミュニティに棲む人々の人間模様が面白いですよ。

短編モノはあまり多く読みませんが、やっぱり横山作品は面白い。警察小説は横山氏にかぎりますねぇ。

横山作品に、ハズレなし。


↓クリックしても損はなし?!

テーマ : ミステリ ジャンル : 小説・文学

EDIT  |  23:07  |  読書日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.05.30 (Wed)

ストレスを発散するには。

ちょっと更新間隔が空いてしまいました。
今月はもう少し多く記事が書けるかなぁと思っていたのになぁ・・・。

実は、ここ2週間ばかり、まるで呪われているかのように、会社のネットワークが障害続きで・・・。時間的にはそれほど多く働いていないのですが、近年稀に見るストレスの溜まりようでした。湯船に浸かりながら、「マジ、ハンパねぇ・・・。ブツブツ」と独り言を吐いている自分に気付いたときには、ぞっとしたもんです(^_^;)

元々ストレスを発散するのがニガテなワタクシです。
どんどん溜め込み、体に変調が・・・というパターンだったり。
発散しようとして、別のストレスを抱えてみたり(笑)

幸い、今は少し落ち着いています。

ちょっと、良さげなストレス発散方法を見つけたからです。

それはね・・・


チュートリアル

言わずと知れた、M-1グランプリ2006の王者です。

お笑い番組は昔から好きでよく見ていました。笑っている時間は、けっこう心も軽くなるもんです。彼らのことは5~6年前ぐらいかな?その頃から知っていましたが、なかなか関東では彼らのネタを頻繁に見る機会に恵まれませんでした。

ところが最近、やっぱりM-1グランプリを制したからか、急激な露出度の上昇ですよねぇ。彼らをTVで見ることが本当に多くなった!
そもそも、腰を落ち着けてじっくり観るなんていう贅沢な時間があまりないのですが、常に点いていますからねぇ。「~ながら」観るのですが、彼らが出てくると手が止まっちゃいますねぇ。特にネタをやっているときは。ほとんどのネタが私にとっては「ツボ」です

それでね。
最近、思うんです。
ボケのほう、そうです、徳井サンです。
カッコよくないですか??
そう思い出すと、もうイケメンにしか見えなくなってくるし(笑)
TVで「イケメン」「イケメン」ともてはやされる勢いに押されて、そうとしか思えない自分がいるし(笑)

笑えて目の保養になって、まさに一石二鳥。あぁ、シアワセ・・・

仕事や家事、そして育児に疲れた夜は、ネタで笑い、徳井サンに癒され、福田サンに温かみを感じた後、半笑いで寝付く(←キモッ)のが、私にとっての、今一番贅沢な夜の過ごし方です。

で、これ↓をレンタルしてみました。
チュートリアリズム チュートリアリズム
チュートリアル (2006/07/12)
ビデオメーカー

この商品の詳細を見る


去年の単独ライブを収録したものです。
TVでは漫才よりもコントのほうを見る機会が少ないので、これはイイかもしれません。

ちなみに、これを週末の夜に観ていたわけですが、翌朝ダンナに言われました。

「夜中に一人で爆笑してなかった??」

えぇ、その通りです。
家族にドン引きされようが何しようが、私にとっての息抜きですから、当分止めませんよ!!!

笑って元気を取り戻す、原始的な方法ですが効果は大きいと思う、今日この頃です♪


↓クリックしていただきたいと思う、今日この頃です♪

テーマ : ひとりごとのようなもの ジャンル : 日記

タグ : チュートリアル

EDIT  |  22:49  |  ひとりごと  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

2007.05.24 (Thu)

遠足。

今日は、Wakoが保育園の遠足に行ってきました。
数ヶ月前、空っぽのお弁当箱を公園に持っていって給食を食べてみるという、プチ遠足みたいなことをやったことがありましたが、本当にお弁当を持って行く遠足は生まれて初めてのWako。昨日から興奮状態でした。

さて、お弁当を用意するワタクシのほうはと言うと。
先週末ぐらいから、また会社のネットワーク障害の対応に終われ、気力も体力も限界。復旧直前まで「この作業終わったら、房総にイルカ見に行く・・・」とうわ言のように繰り返してましたし(笑) 現実逃避です、ハイ。

一応、少し前に聞いておいたWakoのおかずリクエストに忠実に従ったつもりです。

↓こんなカンジになりました。↓



リクエストされたものが、どれも簡単でラクだったわぁ~♪
でも、やっぱり目を引くのが、レンコン。
Wakoによるおかずランキング堂々2位のレンコン。
初めて子供に持たせる遠足のお弁当に煮物を投入するとは、夢にも思いませんでしたわ、ワタクシ(笑)

そんなこんなでお弁当が出来上がった5:30ごろ、Wakoが置きだしてきました。普段より1時間も早いんです。いつの時代の子供も、遠足が待ち遠しくてつい早起きしちゃうんですねぇ。面白い(^m^)

四六時中、一緒に遊んでいるお友達のAちゃんが遠足に来られないというのを事前に知っていたので、お弁当仲間はいるかなぁと心配してみたりしましたが、みやげ話を聞くかぎり、杞憂に終わったようでした。7~8人の大人数でワイワイ楽しく食べたようでした♪
行き先は何度も行っている、子供の足でも20分ぐらいで着いてしまう公園ですが、お弁当と水筒を持っていくだけで一大イベントになってしまうんですねぇ

お迎えに来た私を見るなり、
「ママ~、お弁当全部食べたよぉ!お弁当ありがとう!」
と駆け寄ってきました。大した手間もかけてないというのに、大感謝されてしまい後ろめたい気もしますが(^_^;)、こんなふうに喜んでくれて、何より。

そして、楽しい思い出がまた1つ増えて、何より


↓最後に1クリックいただけたら、何より♪

テーマ : 保育園児日記 ジャンル : 育児

EDIT  |  23:19  |  保育園  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

2007.05.20 (Sun)

流山おおたかの森SC。

流山おおたかの森SCへ行って来ました(HPは⇒こちら)。
わりと最近できたショッピングセンターです。
つくばエキスプレス沿線の地域は、どんどん開発されていきますねぇ。

お昼がまだだったので、レストラン街をウロウロ。
その中で、キッチンキッズダムという親子カフェ&レストランを見つけました(HPは⇒こちら)。
子供連れの家族のみが利用できるお店で、店内のキッズスペースで遊んだり、食事やお茶ができるシステムでした。キッズスペースには、大きな滑り台を始めとした遊具、ボールプールなどがあり、保育士さんもいたりして、安心して「放し飼い」できます(笑)
食事をオーダーした後の待ち時間や、食後のひとときなど、子供は退屈せず遊びに熱中できますし、親はお茶を飲みながら話をしたり、置いてある雑誌を広げたり。無料でノートパソコンを貸してもらえるので、ネットを楽しむこともできるようでした。
とはいえ、Wakoはこういう場所では、常に視界に親がいることをチェックしながら遊ぶタイプなので、ダンナと二人、キッズスペースの目の前にあるカウンター席に陣取っておりました。

↓親をチラチラ見ながら、でも汗だくで遊んでおります♪↓
滑り台♪ママ、ちゃんと見ててね♪


確か、子供1人につき1時間300円、以降30分ごとに100円払う必要がありますが、それでも子連れでない他のお客さんを気にしつつ、一般のレストランで食事するよりは、全然楽でしたよぉ~。もっと自宅から近ければ、時々利用できたのにぃと思ったのでした。う~ん、残念!

食後は、LOFTへ。
LOFTが入ってるんだぁと期待して行ったのですが、入っているというか、「LOFTコーナー」といったカンジで、売り場面積は広くありませんでした(^_^;)

結局、買ったものといえば・・・。

↓なぜか500円玉貯金を始めたいというダンナが・・・↓
10万円貯まる本「日本一周版」 10万円貯まる本「日本一周版」
()
テンヨー
この商品の詳細を見る

ずいぶん前に流行りましたよねぇ(笑)
と言いつつ、2個買って、ダンナと私、どちらが早く貯まるか競争です(爆)

デザートにと思い、コールド・ストーン・クリーマリーへ行ったのですが、長蛇の列。さすが話題になっているだけありますねぇ。ららぽーとのお店も混んでたもんなぁ・・・。これは、あきらめることにしました

とはいえ、ショッピングセンター全体がそれほど混んでいたわけでもなく、買い物しやすかったなぁと思いました。

機会があれば、また出かけたいと思います。


↓この機会に、クリックはいかが?

テーマ : 家族でお出かけ ジャンル : 育児

EDIT  |  23:38  |  お出かけ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.05.16 (Wed)

水上のパッサカリア

水上のパッサカリア 水上のパッサカリア
海野 碧 (2007/03/20)
光文社
この商品の詳細を見る


第10回日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作。
ハードボイルドだし、物語のタッチもそうだし、てっきり男性かと思っていたら。作者は女性でした。
しかも、57歳。で、新人賞???

とフシギというか驚いていたのですが、長い間、純文学方面で活躍してきた人物のようでした・・・。

ストーリーの前に、感じたこと。
センテンスが長い!!! 最初は全然慣れなくて、すごーく読みづらかった。集中していないと、文頭と文末でワケが分からなくなることも。
でも、徐々に物語りの世界に引き込まれていくと、リズムに乗って読み進めることができて、私の中の評価もウナギのぼり~。

けっこう、面白かったですよ。

ちょっと、大人向けかしら・・・というカンジです。
ハードボイルドなミステリーですが、大人の純愛という側面も強く。
いわゆる凡庸な女性を純粋に愛している主人公。この主人公については、最初「無機質」な印象すら抱くのですが、実はとても人間くさくて。波乱万丈な人生に別れを告げ、女性との生活をスタートさせた矢先、「昔の裏稼業」仲間が近寄ってきて・・・。

これ以上は、ネタバレなので(^m^)

とても切なくて悲しくて。
タイトルにもなっているパッサカリア(ヘンデルの“チェンバロ組曲第7番”の中の楽曲)を聞いてみたくなりました♪

ミステリーファンだけでなく、恋愛小説好きの方にもオススメです☆


↓クリックはどなたにもオススメです♪

テーマ : ミステリ ジャンル : 小説・文学

EDIT  |  12:57  |  読書日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.05.14 (Mon)

TDLへ行って来ました。

日曜日、TDLへ行って来ました。
ダンナが会社から(健保から?)もらった(当選した?)補助券の期限が、来月末までと言うことで。
とはいえ、GW明け&沖縄旅行前というこの時期、地味~に生活していたかったんですけどねぇ。

目的は、大好きな(←おそらくWakoよりダンナが)パレード「リロ&スティッチのフリフリ大騒動~Find Stitch~」(詳しくは⇒こちら)を見ること。11:30からの回を見やすい位置で見ることを最優先に、行動いたしました。
9:00前に入園して、まずは1番人気の「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」(詳しくは⇒こちら)のファストパスをゲットするべくトゥモローランドへ。GW直後なので、日曜日とはいえ幾分空いている気がするものの、ファストパス発行機の前は長蛇の列。15分ほど並びました。
ゲットできたのは、13:05~14:05のもの。おそらく、午前中のうちにファストパスの発行は終わってしまったんじゃないかなぁ。それにしても大人気。

安心したところで、Wakoが眠いと言い出したので、朝食は済ませていたけれど休憩することに。ワールドバザールへ戻り、センターストリート・コーヒーハウスへ(詳しくは⇒こちら)。入ってしまえば、何かは食べたくなるもの。朝食メニューをいただきました。食べれるものだわぁ・・・。ダンナが奢ってくれたので、二度オイシイ(笑)

結局、Wakoが眠ることはなく店を出ました・・・。

そして、もうパレード見物の場所取りをする!ということになり・・・。
パレードのコースをウロウロし、空いていたクリスタルパレス・レストラン(詳しくは⇒こちら)の正面あたりに陣取りました。1時間前からはビニールシートを敷いていいので、その頃持参したシートをガサゴソ・・・。春とはいえ、昨日は薄曇りで冷たい風が吹いていたので、ブランケットが貴重でした。
待ちきれな~い、と二人を残し、私だけショッピング
と言っても、結局¥1,000も使いませんでしたが(笑)

そして、待望のパレード。喜んでましたよぉ、Wako。
ダンナはしっかり自宅でも楽しめるよう、ビデオ撮影です。
撮影している横顔は、やはり興奮気味のようで(^^)
そんな二人を見て、私も楽しかったです♪

その後は、「バズ~」を含め、アトラクションを4つほど楽しみました。
わりと空いているものばかり狙って(^^)
あっ、15:00からのショー「ムービン・オン」(詳しくは⇒こちら)も見ました。

「バス~」やリニューアルしたての「スペースマウンテン」(詳しくは⇒こちら)などを除けば、いつもの休日よりは、どれも乗りやすかった気がしますよ。

あっ、今回写真、ほとんど撮ってません(>_<)

それでは、また~


↓クリックはこちら~♪

テーマ : 家族でお出かけ ジャンル : 育児

EDIT  |  16:42  |  お出かけ  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

2007.05.11 (Fri)

仰せのとおりで?

毎朝、我が家のリビングにあるTVは「めざましテレビ」になっています。
私が社会人生活をスタートさせた日に放送開始となった、この番組。何だか縁のようなものを感じて、独身時代からずーっと見ています。

最近、Wakoが占いのコーナーに興味を持ち始めました。
パパはかに座、ママと私はてんびん座、S先生(担任)はふたご座と言いつつ、毎朝チェックしています。内容は完全には理解できないので、何座が何位、というところに高い関心を寄せております。そして、その順位の高低で「勝ち負け」を決めております、勝手に。「てんびん座が1位だ、イエ~イ♪ かに座9位~」と言った具合に。

今朝、起き上がってきたWakoが寝ぼけ顔で、

「てんびん座、何位だった~?」

と聞いてきました。番組中、占いコーナーは何回か放送されるので、ひと足早く起きている私が当然見ていてくれていると思ったわけです。

「ごめ~ん、見てないよぉ。また、やるでしょ。」

と言うと、Wakoの表情がさっと変わり、こう言ったのでした。


「気ぃ張って生きろよ。」


はぁっ??


やれ会社辞めるだの体調悪いだの言いつつGWに突入し、GWが明けたら明けたでイマイチ本調子が出ず、心身ともにパッとしない自分の様子を見抜かれたようで、かなり動揺しました(笑)。
なので、思わず、「ハイッ。」と即答してしまいました(弱ぇ~)。まぁ、親がこんなだから、彼女がますます調子に乗るわけですが(^_^;)

大人になるにつれ、手の抜き方ってものを覚えてしまっているのかしら。
子供の頃は、いつでも全力だからねぇ。

って、どこまで拡大解釈してんだよ、自分。(どんだけ~)


↓お気を張らずにリラックスして、ポチッとお願いします♪
EDIT  |  23:24  |  Wako語録  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

2007.05.10 (Thu)

早熟?

Wakoにはフィアンセがいます。
もちろん、本人達が勝手にじゃれ合って決めているだけですが(^_^;)

今のフィアンセはRくん。「今の」というのは、彼がWakoにとって3代目のフィアンセだから(笑)

一番最初にそんなことを言い出した頃、確かHくんが対象だった気が。
そのうち、気付けばTくんに。

そして、最近Tくんと協議の上、婚約を解消したのでした。

Wako曰く、

「Tくん、Mちゃんと結婚することにしたって・・・」

軽く舌打ちしながら、言っておりました。

1つ年上のMちゃんに比べ、Wakoは子供だ!と言われたらしく(^m^)

さて、現在のフィアンセであるRくん。
とても面白い男の子です。いたずらっ子でしょっちゅう先生に追い掛け回されてます。
Wakoを連れて帰ろうと、階段を降りかけていた時、すすーっと近寄ってきて、

「Wakoちゃんが一番好きなの、誰だか分かる?」

と私に聞いてきます。

分からない、と答えると、正解をWakoに言わせます(笑)
そして、Wakoの口から、「Rちゃん。」と自分の名前を聞くと、満足そうに去っていくという、おちゃめな子です♪

そんな光景をほほえましく思っていた今日この頃。
(あっ、ダンナは「やったつもりはねぇ。」と言っていた(爆))

入浴中、Wakoが突然、

「今日、Rちゃんとチューした。」

との衝撃発言をしました。

う、うそぉ~!!!!!

「えっ、お口とお口?」(って、そこ??)

「ううん、ほっぺ。」

「そ、そう・・・」(ホッ・・・)「なんで、また??」

「Rちゃんがチューしてって言うから。」

まぁ、まぁ、早熟だこと。(どんだけ~)

若干恥ずかしそうに語るWakoの表情を見ると、チューの意味を分かっているようないないような、親としては不安と言うか複雑であり。チューはいけないこととも言えないし。誰彼かまわずというのは、いけませんが(^_^;)

一気に対応に困る状況に陥ってしまったのでした。

皆さんは、いかが対応されていますか?


↓クリックは誰彼かまわず、お願い中♪

テーマ : 保育園児日記 ジャンル : 育児

EDIT  |  23:04  |  保育園  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

2007.05.07 (Mon)

GWボケで。

GW明けの保育園登園初日。

私は全然指摘されるまで気付いていませんでしたが、帰宅後にWakoに言われました。

「ママ、今日おはし箱、空っぽだったよ

「えぇ、ウソ~、ゴメンねぇ・・・。で、どうした?」

「フォークで食べたよ

箸を持参している園児にも一応フォークは配られているらしく、とりあえずは事なきを得たようでした・・・^_^;

その後、さらにお小言を言われてしまいました。

「ママは忘れ物をするために生きてるの?

(・・・。そんなわけないじゃん。)

幸せになるために生きてるんでしょ!」

「そ、そうだね


忘れ物を1つさせてしまうと、事が大きくなってしまう今日この頃です・・・。反省。Orz


↓どなたか「めげるな!」クリック、お願いします♪

テーマ : 保育園児日記 ジャンル : 育児

EDIT  |  23:42  |  Wako語録  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2007.05.06 (Sun)

お友達の家へ。

GW最終日。
Wakoのお友達の家へおじゃましました。
お友達のAちゃんは、保育園で同じクラスで1学年上。3月生まれだそうなので、実際は同い年。
Aちゃんは、私から見ると、とーってもおとなしくて静かな女の子。
もう半年以上前からWakoと大の仲良しになったらしく、ほぼ毎日、保育園では一緒。いったい、AちゃんはWakoのどの部分を気に入ってくれたのか、フシギでなりません・・・^_^;
Wakoは人見知りが激しいものの、いったん知り合ってしまうと、かなりずうずうしいというか、姉御肌な部分もあったりするので、Aちゃんとはかなり性格が違うのです・・・。

園外で、休日にAちゃんと遊ぶのは2回目。
お宅におじゃまするのは初めてだったので、失礼がないか心配していましたが・・・。


案の定。


気付けば、Aちゃんとその妹のSちゃんを従えるような遊び方を始め、お菓子は勝手に食べるは(しかも歩きながら)、勝手に2Fへ上がって寝室へ入り込むは、「ねぇ、お風呂はどこなの?」と間取りをチェックするは・・・。
とにかく、注意するのも追いつかないぐらいの悪行三昧。

この人、ホントに疲れるわ・・・。

ずっと仲良しでいられるといいなと思うので、なるべくご迷惑をおかけしたくありません。Aちゃんのママは笑顔で「大丈夫よぉ。」と言ってくれましたが、やっぱり、こちらとしてはヒヤヒヤ。

ママの皆さん、お友達の家へおじゃまする時に、何か気をつけていらっしゃいますか?


↓ホント疲れたので、励ましクリックいただけますか?

テーマ : 4歳児の日常 ジャンル : 育児

EDIT  |  22:57  |  子育てつれづれ  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

2007.05.05 (Sat)

海へ。

海辺に出かけてまいりました。

午前中、木更津市の久津間海岸で潮干狩り。
到着したのが10:30頃だったので、すでに人・人・人!
あさりの数より人の数が上回っていないことを願うばかりでした(笑)
空は快晴で海風も気持ちよかったのですが、長袖を着ていないと肌寒いと感じました。
肝心のあさりですが、ぜーんぜん見つけられず。一昨年、金田海岸で潮干狩りをしたときには、うんざりするほど収穫したわけですが、今回はさっぱり。彼方からバケツ2~3杯にぎっしりあさりを入れて重そうに岸へ向かっている家族を恨めしげに横目で睨みつつ、せっせと熊手を動かしていたのでした。
途中から、ダンナはカニを探すことに熱中し、WakoはWakoでつられて一緒に探そうとするものの、その他の小動物に驚いて半ベソだったり・・・。
朝、一番乗り気ではなかったワタクシが、最後まで一生懸命あさりを発掘していたような気がいたします^_^;

お昼ぐらいまで頑張ったのですが、結局成果としては、バケツに1/3程度。そのバケツもWakoの砂遊び用の小さいもの。あっ、見つけたカニ2匹はリリースいたしました。って、実は「持ち帰って飼いたい!」と言い張るパパを「可哀相でしょ。カニは自然で生きるのがいいんだよ!」とWakoの方が説得したというエピソードつきなんですよぉ(笑) 逆だろ、フツー。

↓あさりの酒蒸しにしたら、なくなっちゃいました。
身がプリプリしていて美味☆


後始末をして、持参したお弁当を休憩所で食べようということになりましたが、混んでいるようだし、建物自体もキレイではなかったので、近場の公園を探すことにしました。

袖ヶ浦公園(HPはこちら)というところを見つけ、芝生の広場でお弁当を広げました。
満腹になりつつ、しばらくまったりしていたのですが、風がすごく強くて過ごしづらくなってきたので、撤収することに。
それでもまだ14:00ぐらいだったので、「どうする??」といいつつ3人で相談。Wakoがドライブをしたいと言うので、しばらく走ることに。

走っているうちに、ダンナが行き先を決めたらしく、気付けば金谷フェリー乗り場(HPはこちら)に!
Wako、よかったねぇ、パパがお船に乗せてくれるって!
↓って、おい!・・・寝ております(笑)
爆睡中。。。


フェリーで久里浜へ行き、最終的には・・・
↓葉山マリーナに到着しました。
初めて来たよぉ。

↓曇っていたので、夕日を見てもイマイチではありました・・・。
黄昏る二人。


もちろん、自家用のクルーザーがあるわけでもないので、お茶を飲んだり、あたりをウロウロして「へぇ~」と言って、帰ってきました(笑)

相当な移動距離でしたが、GWの1日、海を満喫した1日となりました。


↓クリックで応援気分、満喫しませんか??

テーマ : 家族でお出かけ ジャンル : 育児

EDIT  |  23:12  |  お出かけ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2007.05.04 (Fri)

ジェネラル・ルージュの凱旋

ジェネラル・ルージュの凱旋 ジェネラル・ルージュの凱旋
海堂 尊 (2007/04/07)
宝島社
この商品の詳細を見る

いやぁ、面白かったぁ。一気に読んじゃいました。
やっぱり、この方の小説は、東城大学付属病院を舞台としたスキャンダルをストーリーの中心に据えて、関わる人たちの様々な駆け引きを描いていくところが最高に面白い!
本作は、シリーズの主人公である田口の同期であり友人である速水の魅力が最大のポイントではないかと思います。彼にまつわる伝説が紐解かれたとき、思わず「かっこいいー」と声に出しておりました(笑)
救命救急センター長になるべくしてなった人だし、こうも鮮やかに修羅場を潜り抜けられると、伝説を語り継がないわけには参りません。
それに、彼を長として恐るべき統率力を誇っているセンターが描かれるにつれ、彼がジェネラル(=将軍)と称されるのも大納得なのです。
タイトルの「ジェネラル・ルージュ」とは血まみれ将軍という意味なのか、それとも・・・。

読んでのお楽しみでございます。

本作をより楽しむためには、やはりデビュー作から前作までの3作品を読み終えた後、お読みになることを強くオススメいたします


↓クリックしていただくことも、オススメです♪

テーマ : ミステリ ジャンル : 小説・文学

EDIT  |  15:57  |  読書日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.05.03 (Thu)

那須へ。

那須へ出かけてまいりました。

目的は、那須サファリパーク(HPはこちら)。
Wakoが喜んでくれるかなぁ、なんて。

事前にHPを覗いてみたら、約70種類700頭羽の動物がいるということが掲載されていたので、ワクワクしながら出かけました。


結果・・・。
40分ぐらいで、全部観終わっちゃったんですけど^_^;
大人2人、子供1人の入場料、エサ2袋、レンタルラジオなどで1万円ほど払ったというのに・・・。

でもねぇ、最初は怖がっていたWakoも、エサをやることになれてきた頃にはすごく楽しんでくれてました。来てよかった、と思わなくてはなりません(笑)
大人の眼から見れば、なんでこれっぽちのエサが1袋¥1,000なのとか、700頭羽の大部分は鹿ですやんとか、文句のつけどころは満載なのですが^_^;
まぁ、マイカーの窓から動物の口とか舌が入ってくる、なんていう非日常を楽しめたかな、と。その後の車は、すごい汚れてましたが(笑)
楽しんでいる様子はビデオ撮影していて、写真に収めておりません・・・Orz

↓売店横で、うさぎと触れ合うこともできました。
またしてもエサ代100円!


早々にメインイベントを終えてしまったWammy家。
さてさて、この後どうしよう・・・ということで、行き当たりばったりのドライブへ。途中で見かけた3Dメルヘン水族館(HPはこちら)へ。


・・・シュールすぎる。

3Dメガネをかけて、目の前に飛んでくる(泳いでくる?)魚に驚いたり、大きなスクリーンで上映される海の世界のナビゲーターがさかなくんだったり。

き、きっと、楽しい人もいるさ。たぶん。
Wakoの反応は、薄かったけどねぇ・・・。


もういいや、お茶でもして帰ろう・・・ということで、
サファリパークへ行く途中に見かけたカフェ「SHOZO COFFEE +moutain drive」(このカフェの紹介記事はこちら)へ。
↓たしか那須街道沿いにありました。
レトロな雰囲気がス・テ・キ☆

↑よ~く見ると、窓際で会話する父娘が写っていますゾ。

それぞれ注文をして、しばし歓談。

↓まだかなぁ(サファリパークで買ったぬいぐるみデス)
名前はなぜかランちゃんと言います。Wakoが付けました^_^


↓ようやく来たコーヒー、そしてケーキの美味なこと!!!
エスプレッソ~♪ケーキ、うまっっ!

ダンナは「うまい、うまい」と言いつつ、一気に飲み干してました^_^;
味わおうよぉ。

なんだか、ワタクシ的には最後の最後で満たされた感じがした那須路でございました。


↓クリックいただきますと、より一層満たされますわ♪

テーマ : 家族でお出かけ ジャンル : 育児

EDIT  |  23:54  |  お出かけ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.05.02 (Wed)

螺鈿迷宮

螺鈿迷宮 螺鈿迷宮
海堂 尊 (2006/11/30)
角川書店
この商品の詳細を見る


ナイチンゲールの沈黙の次に、読みました。これは、「チーム・バチスタの栄光」「ナイチンゲールの沈黙」と続いている田口&白鳥コンビシリーズの本流ではない、いわばスピンアウト作品です。
なので、本作に田口講師は出てきませんが、白鳥調査官は登場してきます。物語の大詰め、オイシイところで(^^)
そして、ついに白鳥の「ウワサの部下」である氷姫こと姫宮さん、登場です。

シリーズの舞台となっている東城大学付属病院と同じ街にある、とある総合病院を舞台に、医学の「光と闇」をテーマとして物語が進んでいきます。

詳しくは書かないけど、病院経営ってタイヘンなのねぇ。

医療過誤がないことは大前提だし、病院だってやっぱり法人格なわけだし、地域との関係、なぜか近くにある大学病院との確執もあるし、国家権力との関係もシャレになんないし。あっ、フィクションだったっけ(笑)

いくら、末期患者ばかりの病院とはいえ、次々と入院患者が死んでいく病院ってイヤよねぇ。それがとんでもないカラクリつきなんて^_^;

あっ、フィクションだったっけ(笑) ←しかも2回目

大学病院を舞台にしていなくても、白鳥調査官は充分すぎる魅力で、面白かったけど。

やっぱり、本流のシリーズのほうが、面白いかな。


↓やっぱり、クリックはいただきたいかな。
EDIT  |  22:55  |  読書日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2007.05.01 (Tue)

ナイチンゲールの沈黙

ナイチンゲールの沈黙 ナイチンゲールの沈黙
海堂 尊 (2006/10/06)
宝島社
この商品の詳細を見る


少し前に読み終えました。
この方は、第4回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞された方です。
その受賞作「チーム・バチスタの栄光」がいきなりベストセラーとなったり、現在も勤務医だったりと話題性の高い人物です。

本作は、受賞作の続編にあたります。
個人的には「チーム~」ほどのインパクトは感じませんでしたが、それでも読み応えは充分。メディカル・エンターテインメント第2弾!というキャッチフレーズも大げさではなく。
ただ、現実味がないと思われる現象(?)がストーリーの中央にドスンとあって、それを否定してしまうと全てがつまならくなる可能性があります。^_^;
まぁ、そのへんは棚に上げて置いて、表情豊かな登場人物の魅力に目を奪われているうちに、どんどん場面が変わり・・・とストーリー展開に気を捕られ・・・ 気が付けば、「おもしろかったぁ」と言いつつ、本を閉じることでしょう(^^)

前作から続く、田口&白鳥コンビは健在です

結論としては、これもオススメなのですよ!


↓クリックもオススメなのですよ!
EDIT  |  23:22  |  読書日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。