2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2009.12.02 (Wed)

ハッピーフライト。

ハッピーフライト スタンダードクラス・エディション [DVD]ハッピーフライト スタンダードクラス・エディション [DVD]
(2009/05/22)
田辺誠一時任三郎

商品詳細を見る


少し前にWOWOWでの放送を録画していたので、先週末にWakoと二人、鑑賞いたしました。

いやあ、面白かった
おそらくANAの全面協力なのでしょうねぇ。ただ搭乗するだけの私たち乗客には分からない、おシゴトの裏側を見れた気がして、「ほー」「へー」「マジで~」を連発です(笑) といっても、かなりオモシロ方向にデフォルメしているはずですが
人間ドラマがどうのこうのというものを求めて観てしまうと、かなり物足りないと思います。
でもヒコーキを飛ばすってこんなに大変なのねぇとか、みんな大変なんだなぁ、アタシもがんばろっ!というふうに観ると爽快だと思います

Wakoもすごく興味を持って観ていたので、次に飛行機に乗るときには、感じ方が違っているだろうなと思いました。

大人も子供も楽しめる作品。オススメです


↓クリックお願いしますっ!
スポンサーサイト

テーマ : WOWOW/スカパーで観た映画の感想 ジャンル : 映画

タグ : ハッピーフライト ANA WOWOW

EDIT  |  00:00  |  映画日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2009.10.29 (Thu)

沈まぬ太陽

急きょ、休日出勤分の代休を取ったダンナと、映画館に行きました。

沈まぬ太陽」を見て来ました。
平日の午前中は、シルバー率が高いです。アラフォー夫婦が「若さで浮く」という体験をしてまいりました・・・。

私は随分前に原作の小説を読んでいましたが、ダンナは予備知識ゼロ。
結論から言うと、二人とも楽しめたと思います。
予備知識のある人にとって一番気になるところは、原作の世界観が損なわれていないかというところだと思いますが、その心配はなかったと感じました。
また、予備知識ゼロの人にとっても、説明不足な部分はなかったようですよ。

あらゆる方法で「あくまでフィクションである」ことが強調されています。
でも、「御巣鷹山」「123便」「ナショナルフラッグキャリア」というキーワードに触れるたびに、どうしても実在する航空会社を思い浮かべてしまいます。
航空会社だけでなく、当時の政府関係者についても、必ずモデルにしている人がいるとしか思えないのです。「利川」「竹」という役名から言っても、ね?

あらすじと言っても書き出せば長いし、あまりに有名な小説なので説明は不要だと思いますので省きます。

構図としては、元労組委員長=渡辺謙(善)VS元労組副委員長=三浦友和(悪)や、航空会社(弱)VS政府筋(強)、そして何より被害者遺族(善)VS航空会社(悪)と色々な対決が柱になっているようです。でも、やっぱり何はともあれ、謙さん熱い!熱すぎるでしょ! 昭和の男です、ホントに。昔のお父さんがみんなそうだったかは、定かではありませんが・・・。
労使交渉の中心人物だったからって海外の僻地勤務に10年以上も就かされるのは、誰がどう見ても労基法違反よねぇ。なんで、出るとこでないのかなぁ、アツいのになぁとは思いました。
それと、ここまで家族を犠牲にというか巻きこみまくって、自分の初志を貫徹できる人っているのかしら?と考えた時に、ここが一番フィクションだよと思ってしまいましたが。それでは、身も蓋もないですね

もうちょっとドロドロしてもいいかなぁと思いましたし、主人公がもうちょっと「人間臭さ」があっても良かったかなとも思いました。あまりに強すぎる、潔すぎる印象を受けたので。

「あまりに」ということでは、あまりに長い(笑)
途中にインターミッション(休憩)が入る映画を、初体験してきました。
同じ回を見たシルバーの方々のコンディションを心配してしまいましたよ、私。
でも、そのおかげで原作小説の世界を一気に体験できたのだと思います。第○章とかいう分割のされ方は、どうも苦手なので。長期間、テンションを保てませんし。もちろん関心自体も。

最後に、個人的なことを。
とある登場人物が自身の身の振り方に決着をつける場面があるのですが、その土地がどうやら私の故郷っぽく見えました。
もー、そういう使い方は不本意だなぁ。ある意味ベタなチョイスですよ、うちの地元を使うの。

長くなりましたが、結論としてはオススメです。
社会派映画が苦手な女性の方もいらっしゃるかもしれませんが、女性同士、観た感想を語らいたいなと思ってしまいました。一緒に観たのがダンナだったのでね。男性目線の感想は聞けたのでね。

↓原作の小説です。
沈まぬ太陽〈1〉アフリカ篇(上) (新潮文庫)沈まぬ太陽〈1〉アフリカ篇(上) (新潮文庫)
(2001/11)
山崎 豊子

商品詳細を見る

沈まぬ太陽〈2〉アフリカ篇(下) (新潮文庫)沈まぬ太陽〈2〉アフリカ篇(下) (新潮文庫)
(2001/11)
山崎 豊子

商品詳細を見る

沈まぬ太陽〈3〉御巣鷹山篇 (新潮文庫)沈まぬ太陽〈3〉御巣鷹山篇 (新潮文庫)
(2001/12)
山崎 豊子

商品詳細を見る

沈まぬ太陽〈4〉会長室篇(上) (新潮文庫)沈まぬ太陽〈4〉会長室篇(上) (新潮文庫)
(2001/12)
山崎 豊子

商品詳細を見る

沈まぬ太陽〈5〉会長室篇(下) (新潮文庫)沈まぬ太陽〈5〉会長室篇(下) (新潮文庫)
(2001/12)
山崎 豊子

商品詳細を見る



↓クリックはこちらです♪

テーマ : 映画館で観た映画 ジャンル : 映画

タグ : 沈まぬ太陽

EDIT  |  23:58  |  映画日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.11.13 (Thu)

レミーのおいしいレストラン

レミーのおいしいレストランレミーのおいしいレストラン
(2007/11/14)
ルー・ロマーノブラッド・バード

商品詳細を見る

この間の週末に、Wakoと二人で観ました。
絵本を持っているため、ある程度ストーリーを把握していたWako。
それでも、レミーがリングイニの髪の毛を操って、二人羽織のごとく料理するシーンには爆笑しておりました♪ あれ、ネタバレになったかな?

子供には長めの100分強の映画ですが、心温まる映画なので、オススメです♪

登場人物はピクサー映画独特の風貌ですから、ちょっと怖いと感じる小さいお子様もいるかもしれませんね。特に悪役的なキャラクターには

原題が「Ratatouille」であることからも分かるように、ラタトゥイユがポイントです。
観終わった後、ラタトゥイユが食べたくなるかも(笑)
映画の中のように、あーんなにオッシャレ~には作れませんけども


↓クリックいただければ、私の心が温まります♪

テーマ : こどもと一緒に♪ ジャンル : 育児

EDIT  |  23:23  |  映画日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2008.04.10 (Thu)

オーシャンズ13

オーシャンズ13 特別版(2枚組)オーシャンズ13 特別版(2枚組)
(2007/12/19)
マット・デイモン、アンディ・ガルシア 他

商品詳細を見る


オンラインDVDレンタルを利用して、観ました。
このシリーズは暇つぶしにしかならないって分かってて、観ました(笑)
一度に大スターをまとめて観られるっていうお得感に負けました

今回の悪者は、アル・パチーノ。
オーシャンズの1人が彼に騙された上、病気になっちゃったから、みんな頭にきちゃったの。
だから、ものすごい頭とお金と時間を使って仕返しすることにしたみたい。すごい資金力だわぁ。泥棒のエリートって儲かるのね(笑)

前作のオーシャンズ12よりは、全然マシでした。前作はヒドかったぁ。ふざけすぎだったもん。
今回も観た後になーんにも残らないんだけど、まぁまぁ面白かったです。期待値低いし、最初から。

でも、前作に出てきた、勝手にジョージ・クルーニーをライバル視してアツくなってたヴァンサン・カッセルは別に出なくていいでしょう、マジで。なんか全然ストーリーに必要性を感じませんでした。ちょいちょい顔出すこいつ、見覚えあるなぁ・・あぁ、あの人、って気づいて、「で?」ってカンジ。

TVで放送される機会がやって来たとき、たまたまヒマだったら観てはいかが?(笑)


↓こちらでクリックはいかが♪

テーマ : DVDで見た映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  00:16  |  映画日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2008.03.26 (Wed)

パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド 2-Disc・スペシャル・エディションパイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド 2-Disc・スペシャル・エディション
(2007/12/05)
ジョニー・デップ.オーランド・ブルーム.キーラ・ナイトレイ.ステラン・スカルスゲールド.ビル・ナイ

商品詳細を見る


ようやく観れました。
ようやく、というのは、到着してから約3週間、観る時間がなかったから。
でも、滞納料金がかからないのがオンラインレンタルのいいところですな。

このシリーズ、これで制覇したのですが、観れば観るほどつまらなくなってきちゃってて。3作品のうち、本作が一番つまらなかったなぁ。途中でうとうとしちゃったくらい(笑)
見せ場がホントに少ないし、そのわりに尺が長いんですよ。だって170分弱ありましたから。
そりゃあ、兼業主婦が鑑賞時間を確保するのに難儀するのは当然でしょ
2作目で、ジョニー・デップ演じるジャック・スパロウが死の世界に追いやられてしまったのですが、その後どうなったのか、その1点が気になっていなかったら、これはレンタルしなかったなぁ・・・。

オススメしない作品でございます。

余談ですが、このシリーズがディズニーランドのアトラクション「カリブの海賊」を映画化したものって憶えてますか?(笑)
映画化された後、このアトラクションはリニューアルされ、ジョニー・デップそのままのジャック・スパロウ人形が設置されたんですよ。
実際にそれを観に行く機会があったのですが(Wakoがカリブの海賊、大好きだから)、これはねぇ、めちゃくちゃ似てます!そこはスゴイ! うん、そこはね(笑)


↓クリックはね、うん、ここ♪

テーマ : DVDで見た映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  12:58  |  映画日記  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

2008.03.05 (Wed)

バベル

バベル スタンダードエディションバベル スタンダードエディション
(2007/11/02)
ブラッド・ピッド.ケイト・ブランシェット.ガエル・ガルシア・ベルナル.役所広司.菊地凛子.二階堂智.アドリ

商品詳細を見る


記事にするのを忘れてました。
4月始まりの手帳の準備をしようと、現在使っている手帳の整理をしていたら、1月後半に観ていたのを思い出しまして。

だってさぁ。つまんなかったんだもん。
菊池凛子さんがアカデミー賞に助演女優賞にノミネートされたということで、ずいぶん話題になりましたよね。聾唖者で女子高生という役で、ヌードにもなって。
まんまと私も乗っかりまして、DVDをレンタルしました。

が、しかし。
ブラピとケイト・ブランシェット演じる夫婦がモロッコを旅行中に巻き込まれる編、この夫婦を待ちわびている子供達&シッターも大ピンチ編、役所広司&菊地凛子演じる親子も大変だぞ編、の3つの物語が交互に描かれ、しかもこれらのドラマはちゃんと繋がってるんだよ、実は・・・というカンジ。
思ったんだけど、この日本における役所広司や菊地凛子親子の描写、いる?? 素人のワタクシにはその必然性が分からず。前者の2つの物語はガッチリ必要でしょ、それは。でも、日本編の話は完全に浮いてるカンジ。私が「バベルの塔」自体をよく理解していないからか?
私には、難しすぎました

ストーリー云々は置いておくとして、菊池凛子さんは異彩を放ってましたよ。印象としては、異臭が漂うというか(笑) 存在感はすごいものがありました。

単純明快な娯楽映画ではないので、ものすごく好き嫌いとか良し悪しとか、評価が分かれそうな作品だと思いました。


↓クリックへの期待感にはすごいものがありまする♪

テーマ : DVDで見た映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  23:35  |  映画日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.01.30 (Wed)

あるいは裏切りという名の犬

あるいは裏切りという名の犬 DTSスペシャル・エディションあるいは裏切りという名の犬 DTSスペシャル・エディション
(2007/06/08)
ダニエル・オートゥイユ、ジェラール・ドパルデュー 他

商品詳細を見る


いやぁ、やっと観たよ。
オンラインでレンタルして届いたのが12月のアタマ。
年末年始に見そびれて、この間の週末にやっと観れた・・・。
これが実店舗とかのレンタルだったら、延滞金スゴイよねぇ(笑)
オンラインレンタルはそういうの関係ないから、ありがたや。

久々に観たフランス映画。
パリを舞台にした犯罪映画なのですが、これが実話に基づいているというから驚き
地下鉄の駅のポスターで気になっていたけれど、ミニシアター系の映画って、いつの間にか上映が始まっていつのまにか終了してるから、出かけにくい(笑)
結局、DVDで観ることになりますねぇ。

ひと言で言ってしまえば、二人の刑事の出世争いなんですよ。
そこまでする~??ってことまで、やらかしちゃうわけだから、実話って聞くと、エグイなぁとしか言いようがない。何人もの人の命が犠牲になっていくんですもの・・・。「男の世界」ってコトバで片付けちゃうと、大半の男性に怒られちゃいそうです(笑)

フランス映画って、全体的に暗~い画面が多いし、鼓動を早めるデッカイBGMもないけど、ストーリーがドラマチックだと、やっぱりハラハラさせられますねぇ。

なんでも、ハリウッドでリメイクが決まっているらしいです。
ロバート・デ・ニーロとジョージ・クルーニーが主役をやるらしく。
「合ってる~!!!」と、ダンナと言い合っていました。
ハデハデなストーリーに生まれ変わっちゃうとは思いますが


↓クリック、待ってる~!!!

テーマ : DVDで見た映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  00:15  |  映画日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。